フレキュレルのセラミド

フレキュレルは、スッピン・ノーメイクで外出できると話題の”そばかす”対策の薬用クリーム。

 

スキンケア大学にも掲載されていて、VERYやVOCEなどの女性誌でも話題!

 

フレキュレルに入っているセラミドのこと知っていますか?

 

その保湿、間違ってます!

 

健康な肌の角そうには約20%〜30%の水分が含まれています。

 

乾燥肌と言われるお肌の角層には水分が20%以下。

 

肌がつっぱるなどの自覚症状が現れてきた時には、肌の水分量は10%以下になっていることもあるんです。

 

お肌の水分といえば化粧水と思われがちですが、水そのものを与えても蒸発してしまうので保湿にはなりません。

 

化粧水が蒸発しないように乳液でフタをするという人も多いのですが、実は油分の保湿力は高くないんです。

 

フレキュレルに入っているセラミドのこと知っていますか?

 

正しい保湿を知りましょう

 

うるおった肌は、自ら保湿物質をつくり、角層ないに水分を蓄えておける状態のことです。

 

保湿物質がきちんと働いていれば、湿度が0%になっても水分は蒸発しません。

 

保湿物質とは・・・

 

  • 天然保湿因子(16〜17%)
  • セラミドなどの角質細胞間脂質(80%以上)
  • 皮脂(2〜3%%)

 

の3つです。

 

フレキュレルに入っているセラミドのこと知っていますか?

 

セラミドなどの角質細胞間脂質がお肌の水分を守る最大のカギ!

 

赤ちゃんの肌はうるおいたっぷりのプルプルですよね。

 

実はこれ、大人の肌に比べてセラミドの量が豊富だからなのです。

 

フレキュレルに入っているセラミドのこと知っていますか?

 

セラミドをたっぷり含んだ肌は、うるおいに満ちています。

 

保湿の決め手はセラミド配合化粧品

 

セラミドは、年を重ねるごとに減ってしまいます。

 

肌の新陳代謝が活発な赤ちゃん時代が最も多く、それ以降は低下し続けるのです。

 

セラミドはコレステロールのようなものから作られていますが、セラミドを飲んでもお肌のセラミドは増やせません。

 

そこで、セラミドを補えるように開発されたのが、セラミド配合の化粧品です。

 

これを使えば、確実に肌の水分を増やすことができるのです。

 

セラミドは水溶性の物質ではないので、化粧水ではなく、美容液やクリームに配合されています。

 

セラミドといっても6種類のセラミドがあることがわかっています。

 

セラミド1
⇒水分保持機能、外部刺激に対する優れたバリア機能

 

セラミド2
⇒高い水分保持機能

 

セラミド3
⇒水分保持機能、シワを軽減する機能

 

セラミド4
⇒角質の脂質バリア層を作り、保持する機能

 

セラミド5
⇒角質の脂質バリア層を作り、保持する機能

 

セラミド6
⇒水分保持機能、ターンオーバーの促進、シワを軽減する機能

 

このいずれかが入っているものを選びましょう。

 

フレキュレルにはセラミドが3種類配合!

 

フレキュレルに入っているセラミドのこと知っていますか?

 

フレキュレルは

 

  • シュガースクワラン
  • セラミドー3
  • セラミドー6
  • セラミドー2
  • キウイエキス

 

の5種類の保湿成分が配合されていて、保湿力・浸透力・持続力という3つの点において、非常に効果が高いんです。

 

フレキュレルに入っているセラミドのこと知っていますか?

 

モニターの方々から「保湿力が凄い!」という声があがるほど!

 

保湿をすることにより、お肌のターンオーバーが正常になり、メラニンが排出されるんです!

 

セラミド2
⇒高い水分保持機能

 

セラミド3
⇒水分保持機能、シワを軽減する機能

 

セラミド6
⇒水分保持機能、ターンオーバーの促進、シワを軽減する機能

 

セラミドも3種類配合されていて、効果に期待大!

 

フレキュレルの公式サイトはこちら

 

トップページへ