フレキュレルのトラネキサム酸

フレキュレルに入っておるトラネキサム酸って?

 

フレキュレルに入ってるトラネキサム酸ってどんな成分?

 

フレキュレルの主剤であるトレネキサム酸。

 

トラネキサム酸とはアミノ酸の一種。

 

炎症やアレルギーを抑えたり、止血効果があります。

 

もともとは医療現場で、抗炎症剤として使われていました。

 

それが最近、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑える効果があることが報告されたんです。

 

だから美白成分として開発されて化粧品に配合されているんですね。

 

トラネキサム酸のメカニズム

 

肌が紫外線等の刺激を受けると、メラノサイトにメラニンを作るための情報が伝達されます。

 

フレキュレルに入ってるトラネキサム酸ってどんな成分?

 

その際に、トラネキサム酸は、シミを発生させるエンドセリンなどの物質の伝達を阻害するので、メラニン生成が抑制されるのです。

 

他にも、同じような働きをする物質に、カモミラET、tシクロアミノ酸誘導体などがあります。

 

美白化粧品の本当の価値は予防にあり!

 

夏になったら美白化粧品を使い始めよう

 

日焼けしたから美白化粧品を使おう

 

フレキュレルに入ってるトラネキサム酸ってどんな成分?

 

こんな人も多いはず!

 

紫外線は多かれ少なかれ毎日浴びているもので、肌内部のメラニンは季節を問わず活動しています。

 

美白ケアの基本はシミを作らないこと!

 

紫外線を浴びてからケアするのではなく、予防に専念することが大事です。

 

美白ケアは毎日行うことなので、取り入れやすいアイテムを選びましょう。

 

美白パックも毎日使わなれば意味がありません。

 

その点フレキュレルなら、紫外線によるメラニンを抑制しつつ、排出するというWケアが可能です。

 

フレキュレルに入ってるトラネキサム酸ってどんな成分?

 

もちろん毎日ひと塗りで簡単にケアできます。

 

継続したケアがシミそばかす対策には大切なんですね!

 

フレキュレルの公式サイトはこちら

 

トップページへ